常に世の中は無常だと意識しないといけませんね!!

今日お客様から聞いた話から、世の中は常に無常なのだと感じました。

その方は、最近会社近くのヨガスタジをに入会したそうです。

そのヨガスタジオは他にもバレーなども教え、手広くやっていたようです。

所がある日大きな事件に巻き込まれ、閉鎖になったそうです。

スタジオ側に何ら落ち度もないことでも、イメージを考え閉鎖に追い込まれたようです。

無常と無情を、間違えないでくださいね!!

無常とは、仏教用語で「仏教で、一切のものは、生じたり変化したり滅したりして、常住(=一定のまま)ではないということ。「―観」。人の世がはかないこと。」(Google検索より)

「十年一日のごとく」という言葉がありますが、これは変化がない・成長がないという言葉ですが、無常は一定のものはないということです。

変わらない日々の中でも人は、確実に老化していきます。子供なら成長していきます。

毎朝目覚めたとき人は、前日の自分とは違う存在に変化しています。

ただ自覚できないだけです。

他人が起こした大きな出来事に巻き込まれたとき人は初めて、無常を強く自覚するだけです。

人は常に変化しています、大事なのは今どう生き、どう行動しているかですね!

数秒後どうなっているかは、わかりません。

今に生きていかないと、変化にただ流されてしまい不安だけが心を満たしてしまいます。

不安に溺れないためには、今を直視して生きるしかありません。

過去の後悔・将来の不安は、今この時点に何も影響されないことです。

今だけが現実です。過去は終ったことです、未来は白紙です。

こっれが、真実です。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません