不眠症、脂肪肝予防〜ビタミンB6〜

前回のビタミンB2と今回の、ビタミンB6は、比較的地味な栄養素ですが、勿論不足すると、身体に変調が出ます。

ビタミンB6は、タンパク質をアミノ酸に合成したり、アミノ酸を、別のタイプのアミノ酸に合成し直す時に必要な補酵素です。

タンパク質は、そのままでは、体内で使えませ。そこで、人間は肝臓でタンパク質をアミノ酸へと分解再合成し、身体に必要な形にします。

その合成の一部に、ビタミンB6が使われます。

そう、焼肉の食べ放題などで、肉などタンパク質を大量に摂取した時は、ビタミンB6も十分に摂取しないといけません(^_^)

また脂質の代謝にも関わりますので、不足すると動脈硬化の原因にもなります。

ビタミンB6の効果としては、髪の毛、皮膚、歯の健康維持・成長に欠かせません。

神経の働きにも大きく関与してます。

ビタミンB6不足すると、不眠症、神経過敏、神経炎、こむら返り、足のしびれなどの諸症状の原因となります。

タンパク質の再合成の効率が落ちると、皮膚炎や口内炎などの症状が出ます、これもビタミンB6不足によるものです。

ビタミンB6が働くためには、ビタミンB2が必要となり合わせて取ることが必要です。

ビタミンB6は、神経細胞を抑えるGABA(γ-アミノ酪酸)と呼ばれる神経伝達物質の合成にも作用します。月経前症候群にも有効とされます。

○一日の推奨摂取量
成人男性ーーーー1.4mg
成人女性ーーーー1.1mg
ビタミンB6は、水溶性ビタミンなので過剰摂取の心配は少ないです。国の基準では、一日の上限を60mgと定めています。

○ビタミンB6を多く含む食品。
魚介類ーカツオ、マグロ、サケ、サンマ、トビウオ、サバ、イワシ
肉類ー牛レバー、豚レバー
穀類ー小麦杯芽、小豆、ゴマ、そら豆、大豆
野菜ーさつまいも、パセリ、芽キャベツ、モロヘイヤ、ニンニク
果実ーバナナ、マンゴー
卵黄、のり

参考文献:(ビタミン ミネラルの本 ビタミン・ミネラルを多く含む食材もまるわかり! (Tsuchiya H… 吉川敏一著 土屋書店)

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません