倦怠感・手足のしびれ・むくみにービタミンB1ー

この頃疲れが、取れないとか、倦怠感・不安感に苛まれていませんか?

もしかすると、ビタミンB1欠乏症かも!!!

完全な欠乏症は、少ないでしょうが、潜在的ビタミンB1欠乏症は、多く見られるようです。

日本人が最も不足しやすいビタミン、それがビタミンB1です。

ビタミンB1欠乏症の症状は、末梢神経に異常が出る「脚気(多発性神経炎)」と中枢神経に異常が出る「ウェルニッケ脳症」が、あげられます。

「脚気」と言うと、膝が上がらない程度と軽く考えられますが、重症かすると死に至る病気です。

ただ栄養状態の良い現代では、忘れられた病気です。

ビタミンB1は、穀物や肉から簡単に摂取できるため、本来欠乏しにくいのですが、アルコールの多飲や、清涼飲料水・インスタント食品の大量摂取する人に多く見られます。

清涼飲料水・インスタント食品は、簡単で大量に糖質を摂取できるため、すぐに満腹感を得られます。

ここが、落とし穴です。

満腹になるだけで、重要な栄養素が取れないのです。

これが恐怖の、現代型栄養失調です。

多くのものを食べているのに、肝心のビタミンやミネラルがほとんど摂取されていないのが現代型栄養失調です。

この栄養失調は、肥満をもたらします。

人間の体は、足りない栄養素があると空腹という信号を出して食事に走らすのです。

怖いでしょ!!

ビタミンB1が不足すると、神経症状が出ます。これは即ちビタミンB1が、脳と密接なビタミンである証拠です。

簡単に説明すると、脳を働かせるエネルギー源は、唯一ブドウ糖のみです。このブドウ糖を、エネルギーに変換する際にビタミンB1が重要な役割をします。

ビタミンB1は糖質分解し、エネルギーに変換するための補酵素なのです。

ビタミンB1が、不足イコール脳のエネルギー不足ということになります。脳のエネルギー不足は、末梢神経の効率ダウンとなり、運動能力低下をもたらし、手足のしびれや重くさせます。

運動能力低下は、体内の疲労物質の増大をまたらし、それが、精神にも影響します。これが原因で、倦怠感・不安感・疲れや眠気となります。

まとめ
・ビタミンB1は、神経の働きに密接に関わり、欠乏は神経障害をもたらす。

・脳のエネルギー不足は、精神的なものにも影響をもたらす。

ビタミンB1の一日の摂取量
・成人男性ーーーー1.4mg
・成人女性ーーーー1.1mg

ビタミンB1を多く含む食品
肉類ー豚肉、レバー
魚介類ーうなぎ、かつお
野菜ーもやし、そら豆、パセリ、芽キャベツ、ほうれん草、グリーンピース、ニンニク
穀類ー玄米、発芽米、アーモンド、いも類、大豆、小豆、ゴマ、黒豆、落花生、枝豆

参考文献:(ビタミン ミネラルの本 吉川敏一著 土屋書店)

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません