手技療法をこれから学ぶ方へ

私もかれこれ15年ほど整体師をやっています。

未だ未熟と思いますし、もっと学ばねばならないと常々思っています。

先日我妻がアロマハンドセラピーの講習に行ってきました。

技術的なことは、個々の手技療法により違いますから何のアドバイスもできませんが、手技療法を学ぶとき私が思う必須事項を書いてみます。

気を感じる訓練をする

気なんて感じられないと誰も思いますよね。でも東洋医学は、気の流れを整えることが治療の根本です。

漢方薬も実は、気の流れを整えるためのものです。

現代になり薬効成分が解明され、現代薬と同じように扱われますが根本原理は気です。

だから「病は気から」と言われるのです。気が乱れると病気になるということです。

気感

両手を合わせて何度か擦り合わせてください。そして、手のひらを少し離して、手をこするような感じで動かしてください。手がピリピリと電気のような感じがしますよね!!

これが気を、感じているということです。

さらに、手を向かい合わせた状態で動かしていると紐で繋がれたような感覚がしてきます。

気の疎通です。

慣れてくると手を擦り合わせなくても、手が離れた状態で向かい合わせて動かすだけで、ピリピリした状態を感じられるようになります。

これが気功の初歩です。

この感覚を信じるか信じないかにより、手技療法の上達が変わってきます。

人の体の病んでいる部分を触れると、電気的な感触を受けます。

私ですら少し感じることがあります。

こういう感覚の鋭い人はカリスマ整体師と呼ばれ、まったく信じない人はそれなりです。

凝っているところが、硬いということはありません。

柔らかくても凝っています。

初心者が犯すミスは、柔らかいとコリがないと判断し、逆に硬いと凝ってないとお客さんが云っても凝っていると勝手に決め付けることです。

筋肉のコリ張りだけじゃないということです。

気の流れが、重要になります。

手技療法家は、気功師ではありませんから気の流れの調整はボディーワークで整えていきます。

体が整えば、気の流れは整います。

重要なのは、気の流れが重要であるという認識です。気らしきものは、直接感じる人もいればなんとなく直感的に感じる人もいます。

意識しすぎずに、直感と感覚に忠実になることです。

手を擦りピリピリ感と同じ感覚を、他人の体からふと感じられるようになれば一人前と言えますよ!!

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません