過緊張、お腹が硬くなっていませんか?

精神的な緊張・ストレスは現代社会につきものです。

皆さんも肩こりや背中が痛いなどと、いろいろな部分が痛かったり凝っていることでしょうね!

実は精神的な疲労でも、人間の筋肉は緊張してしまいます。

私は整体師をしていますが、よく何もしてないのに背中が痛いという方にお会いします。

普通は筋肉の過労で、筋肉の痛みが起こると思っていますよね。

もちろんそれも事実ですが、精神的な疲労によっても筋肉は緊張します。

緊張した筋肉は、硬くなり痛みが起こってしまうわけです。

痛みと感じてしまう部位は、肩・首・背中・腰などが自覚されやすい部位です。

これらの部位と同じように痛みや不快感が、発生しているのがお腹です。

ところがお腹の場合、筋肉の痛みというより内臓の痛みや不快感と考えてしまいがちです。

ストレスからの、首や肩のコリを訴えてくる方に、お腹へのマッサージをしますととても気持ち良いと言います。

よく聞いていくとお腹の調子が、悪かった話してくれます。

腹部の不調は、内臓に由来するとみなさん思っていますから、我々整体師には訴えません。

でも腹部を押していくとみなさん気持ち良いと言いますし、症状も改善していきます。

腹筋も緊張し、筋肉が痛みを訴えているわけです。

こういう痛みは、胃薬ではあまり改善されません、ただ漢方薬は筋肉の緊張を緩和する作用のある甘草や芍薬が調合されていますから効果が出ます。

筋肉の緊張は、自律神経の働きを阻害しやがて内臓自体へと波及していきます。

ストレスや緊張を自覚していて、胃腸の状態も優れないという時は、薬に頼るでけではなく筋肉の緊張を取ってあげる事も必要となります。

病院に言っても重篤な病名が出なくて、でも胃が痛いという方腹部のマッサージをしてみると改善されるかもしれませんよ。

最初は、我々専門家に腹部のマッサージを受け改善されるようなら、セルフマッサージと軽い運動がオススメです。

セルフマッサージは、鳩尾から下方向へ押して行き右方向へと回るように押していきます。逆の字に押してくださいと説明しています。

硬かったり痛みがあるところは、ゆっくりと痛すぎない程度に重点的に押してくださいね!!

運動は、仰向けに寝て両膝を立て、膝を揃えて左右にゆっくりと倒していきます。これを三十回くらい行います。

これで腹部の緊張は、だいぶ取れてきます。

急性の痛みや、症状が改善されない時は、病院へ受診してくださいね!!


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません