夏バテから秋バテへと疲労は進行します。

最近テレビとか雑誌で、秋バテなんて言う言葉を聞くようになりましたよね。

秋バテまだなじみのない言葉ですね!!

勿論この言葉は、医学用語ではありませんから厳密な規定はないようですが、夏の疲れ(夏バテ)が涼しい季節になっても疲れが取れず、悪化してしまった状態を秋バテと言っているような気がします。

私自身も毎年お彼岸前後は体調が悪くって、何となく憂鬱な日々を送っています。

今年はもっと元気な日々を送ろうと意気込んで、このブログを書いています。

スポンサーリンク

秋バテの原因

まず秋バテの原因を探っていきましょう。

1.一日の気温の変化

9月は、天気が良ければ日中はまだ30度を超える暑い日もありますが、夜は涼しくなり人によっては毛布が必要な人もいることでしょうね!!

この日中と朝晩の温度差に体はついて行けません。それに加えて夏の疲れも残っていますから体調を崩しやすくなります。

夏は冷房、秋はこの一日の温度差により自律神経が疲弊してしまいます。

2.秋は、気候が不安定

もともと9月は気候が安定していませんでしたが、地球全体の気象状況の激変で近年では気象状況が安定していません。

大きな台風や低気圧の影響で、気圧の変化が大きくなると、頭痛、めまいや気象病と言われる症状が出てきます。

3.夏の生活習慣を引きずる

秋モードの生活スタイルに変えないといけないところを、夏の生活習慣で過ごすことにより、体調を崩してしまいがちです。

朝夕は、涼しくなるのに半そでのままとか、暑くて湯船に入らずシャワーで済ましているなど、夏モードの生活スタイルを続けていませんか?

夏冷房により体が冷え自律神経の働きが鈍り血行不良の体には、この秋バテの原因が体にさらなるダメージを与えてしまいます。

秋バテ対策

1.温かい湯船にしっかりと入る

夏は暑いのでシャワーで済ましていた皆さん疲れを取り自律神経の働きを回復するには、ゆっくりと湯船につかりましょうね!!

ゆっくりとお風呂に入るのですから、お湯の温度は38~40度くらいのぬるめの温度が最適です。

ゆっくりってどのくらいの時間と聞かれそうですが、10~30分くらいを目安にしてください。

ぬるめのお風呂に入ると、副交感神経が優位になり、安眠効果が期待できます。

ですからお風呂は、寝る直前にゆっくり入ってくださいね!!

入浴剤を使うのもお勧めです、特に炭酸入りの入浴剤は身体を芯から温めてくれますよ!!

2.スポーツの秋適度な運動で自律神経を整えよう!!

疲れている時家でゴロゴロとしたくなりますよね!!でもそうしてて疲れ取れた事ありますか?

多くの方は、だるいままだと思います。

ここは思い切って、「ちょっときついな」と思えるくらいの運動をしましょう!!

できな~いという声が聞こえてきそうですが、適度な運動は自律神経を整える作用があります。

自律神経の乱れが、秋バテの原因です、自律神経を整える運動をするとは、何て理にかなったことでしょうかね!!

20~30分くらいの少し早歩きくらいのウォーキングが、お勧めです。

でもできないという人は、おうちの掃除などで体を一生懸命動かすのもお勧めです。

掃除中なるだけつま先立ちするとかで、体に負荷をかけるとさらにベターですよ。

3.食事を見直して秋バテ解消

夏に冷房で体を冷やし、秋に日の温度差で冷えていますから、体を温める食品を摂れば免疫力が戻り疲労感も取れてきます。

体を温める食材は、やはり生姜と根菜類ですよね!!根菜類は、スープなどにして少し生姜を利かすとも~ベストです。

トウガラシなどの、辛い香辛料は夏にバテている胃腸には酷な試練ですから避けたほうが良いですよ!!

夏に消耗した体を回復させるには、効率よく食べて物をエネルギーに変えることが必要です。

夏食欲がなくソーメンとか食べやすい物しか摂ってないと、ビタミンB1・B2が不足しがちです。

ごはんやパンなどの炭水化物をしっかりとっても、ビタミンB1が不足していてはエネルギーになりません。

ビタミンB1は、糖をエネルギーに変えるときに重要なビタミンです。これがないと、エネルギー不足になり体は、さらに疲弊してしまいます。

ビタミンB1が多い食材は、豚肉、ウナギ、大豆、枝豆、豆腐などです。難しい食材でないので、毎日とるようにしてください。

ニンニク・にら・生姜は、ビタミンB1の吸収を助けますのでこれらの薬味も忘れずに料理にアレンジしてくださいね。

他にも対策は、あるでしょうが一発で治すことはできません。

地道に秋モードに切り替えること、すなわち規則正しい生活が肝心ということです。

夏に夜更かししすぎていませんか、睡眠しやすい時期ですしっかりと寝てくださいね!!


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません