朝突然の肩こり、首痛は風邪の前兆です!?

風邪

今日朝起きて結構つらい肩こりになっていたので、驚いてしまいました。

整体の仕事をしていますので、人様の肩こりにはとやかく言うのですが、私自身は最近それほど肩こりしません。

もちろん、パソコンを長時間使った時はさすがに肩こり感はあります。

アナログな仕事なので、パソコンは売り上げをつけて、ブログを書くくらいしか使いません。

スポンサーリンク

肩こりでなく風邪か~

昨日寝る前少し肩こりしているなとは思ったのですが、セルフマッサージ入浴でとれたと思っていたのに、悪化していました。

ま~一応専門家ですから、軽い運動で肩こりは軽減しました。

職場について肩こりのことは忘れていたのですが、今度は体がだるく少し頭痛がしてきたではありませんか!!

「しまった~~」朝の肩こりは、風邪の前兆だったのです。

葛根湯と言う漢方薬が有ります。有名ですから皆さんもご存知だと思います。

その効用書にこう書かれています。

効能・効果
体力中等度以上のものの次の諸症:
感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

ツムラ漢方葛根湯エキス顆粒AHPより

葛根湯の効能書きには、風邪の諸症状と肩こり・筋肉痛と書いてあります。

逆に言うと、風邪の時に肩こりや筋肉の痛みも起きるということです。

寝違えや五十肩みたいに急性で相当痛いものは、関節の痛みとすぐ理解できますが、いつものコリだと思い見過ごしてしまいます。

一般的な風の前兆

寒気がする、疲れやすくなる、のどが渇く、よく眠れないなどの体調変化を感じる人が多いようです。

でもこの段階で対処すればよいのですが、疲れや睡眠不足、薄着のせいかなと人は軽く考えてしまいます。

風邪の初期症状

鼻水、くしゃみ、咳、喉の痛みこの辺が一般的ですよね、この段階までいくと風邪薬飲もうかなとか、早く寝ようと皆さん思いますよね。

風邪の前兆での対処法

必要な栄養素の摂取

免疫力を上げるのに必要な栄養素を十分に取ります。免疫物質の素材となるタンパク質はまず取りたい栄養です。昔から玉子酒などが勧めれれてきてます。

ミネラル類は、免疫力を高めるのに必要な栄養素で特に鉄、亜鉛、銅などを多く含む食品を摂りたいところです。

  • 鉄―魚介類、肉類、豆製品に多く含まれます
  • 亜鉛―肉類、魚類、穀物に多く含まれます
  • 銅―レバー、赤身の肉、貝、魚、大豆、野菜、海藻

タンパク質の多い食品は総じて金属系ミネラルの含有が多くなっています。

休養を十分にとる。

冬は湿度に十分気を付け、十分な休養を取るのが一番の風邪対策です。

風寒型(寒気がする)タイプの風邪の対処法

体を温める必要があります。温め体の熱を逃さないようにすることが、肝心です。

葛根湯を服用したり、足湯、玉子酒や生姜湯など体を温める作用のあるものがお勧めです。

体温を上げることにより、新陳代謝が増進し、風邪の予防になります。

このタイプの風邪には、お風呂は入ってください

風熱型(熱が出る)タイプの風邪の対処法

熱が出るタイプの風邪には水分補給を十分にする必要があります。水分の多い野菜や果物もお勧めです。

私の対処法

以上が一般的な風邪の対策です。

私は風寒型風邪が前兆としてよく出ますので、軽いストレッチと運動で発汗させてから水分を良く摂ります。

身体を適度に動かすと関節のだるさは、大概取れていきます。

それでもダメな時は、葛根湯を飲んでゆっくり休みます。

注意が必要なのは風邪の前兆の時は、風邪の症状を押さえつけるタイプの風邪薬は避け、体を温めるタイプの風邪薬を服用してください。詳しくは、薬剤師さんにちゃんと相談して下さいね!!

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません