赤坂氷川神社から日枝神社まで散策〜東京十社巡り〜

山王日枝神社鳥居

昨日のブログで、東京十社巡りをしようと書きましたが、早速行ってきました。

今、我が家には天照大御神のお札と氏神様(八幡様)のお札をお祀りしてます。

もう一枚崇敬する神様のお札を求めて、今回氷川神社を選んだのです。

氷川神社は、三貴神の一柱の素戔嗚尊を祀っています。

素戔嗚尊のお札を、拝受したくて氷川神社へ行くことにしました。

スポンサーリンク

参拝コース

今回は赤坂氷川神社と山王日枝神社を、ゆっくりと徒歩で散策しました。

コース
六本木駅>>東京ミッドタウンプラザ>>檜町公園>>赤坂氷川神社>>山王日枝神社>>溜池山王駅

食事込みで約三時間で周ってこれました。

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンのオブジェ

六本木駅と直結で東京ミッドタウンが有ります、午後から出てきたのならここで食事をとってからスタートというのも良いかもしれません。

檜町公園


東京ミッドタウンに隣接する檜町公園は、長州毛利藩の下屋敷跡を再整備した公園です。

池の水が澄んだ綺麗な公園です。

東京は再開発で、公園も整備されるので公園の緑で、目を休めることが出来ますね!

風雅(フレンチレストラン)

妻が朝6時から起きて娘の弁当を作っているので、氷川神社に参拝する前に腹ごしらえすることにしました。

空腹ではゆっくりと参拝できませんから、神社の近くのカフェに入ることに。

赤坂氷川神社のすぐ近くに「風雅」というフレンチレストランがあり、昼はランチメニューが有りリーズナブルに食べることが出来ます。

私は、カキフライランチをオーダーしました。お値段は、1000円なり!!

風雅
ジャンル:フレンチ
アクセス:東京メトロ南北線溜池山王駅13番口 徒歩4分
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2-20-19 赤坂菅井ビル1FB室(地図
周辺のお店のネット予約:
たきやのコース一覧
アトリエ・ド・アイのコース一覧
赤坂 にのまえのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 赤坂×フレンチ(フランス料理)
情報掲載日:2018年2月1日

アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング

赤坂氷川神社

お腹も満たされたので、氷川神社へ参拝。

赤坂という東京の真ん中にある神社としては、意外に静かでまさに鎮守の森といった感じです。

森のなかにいて、ここが東京だということを忘れさせてくれる空間です。

東京都心にある神社はビルの中にポツンとたたずんでいますが、木々の中にありホッとさせてくれます。

社殿は空襲で焼失しておらず、享保15年(1730)に建てられたままの姿を残しています。(重要ですね)

この社殿は8代将軍徳川吉宗が、老中水野忠之に命じ建立したものす。

南側参道の鳥居

東側鳥居ーこちら側から入ると石段があり少し大変です。

大銀杏

区の天然記念物に指定されている大銀杏です。

秋にもう一度見に来たいところです。

社殿

先週の雪が残っていて、参拝する人もまばらでした。

包丁塚

包丁塚ー赤坂青山料飲組合が使わなくなった包丁を奉納した塚です。

境内の梅

2018年1月30日に撮影したものですが、最強寒波が日本列島に停滞していても、梅の花が一輪咲いていました。

赤坂氷川神社ミニ情報

御祭神
素盞嗚尊(すさのおのみこと)

奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

大己貴命(おおなむぢのみこと別名…大国主命)

(大國主命は多くの名前を持っています、大己貴命もそのひとつです。多くの名を持つほど立派な統治者ということです。)

創祀・沿革
天暦5年(951年)武州豊島郡一ツ木村(人次ヶ原)に祀られ、1000年以上の歴史を有します。創祀から100年後の治暦2年、関東に大旱魃が発生、降雨を祈願するとそのしるしがあり、以来よく祭事が行われました。

江戸時代に入り、幕府の尊信は篤く、8代将軍 徳川吉宗公が享保元年(1716年)、将軍職を継ぐに至り、同14年(1729年)に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(忠臣蔵・浅野内匠頭の夫人、瑶泉院の実家・浅野土佐守邸跡)に現社殿を建立、翌15年(1730年)4月26日に遷座が行われ、28日に将軍直々のご参拝がありました。

以降、14代家茂公まで、歴代将軍の朱印状(港区文化財)が下附されました。

出典:赤坂氷川神社公式HPより 

詳しくは、赤坂氷川神社公式HP

そう目的のお札ですが、氷川神社というお札で、素戔嗚尊というお札はない様でした。

ちゃんと調べていかないとね、HPにお札お守りもちゃんと掲載されています。(詳しくは>>

赤坂氷川神社御朱印

御朱印料は300円です。

山王日枝神社

山王日枝神社の、御祭神は大山咋神(おほやまくひのかみ)という神様で、大国主の兄弟に当たる神様です。

こちらの神社には、赤坂氷川神社の西側の出口から出て、道なりに行くと赤坂通に出ますのでそこを右に10分ほど歩くと大きな鳥居があります、そこが山王日枝神社です。

地元の人には、お山と呼ばれているそうで、石段は結構急です。

赤坂通りに面している大鳥居側から入ると、エスカレーターがありますので楽に登れます。

赤坂氷川神社は閑静な立地にありましたが、そこから10分の距離なのに全く違う町並み、まさに赤坂です。

山王日枝神社は、都会の祈りの場といった雰囲気で、多くの参拝客で賑わっていました。

社殿

賑わっている社殿。お参りには少し並びました。

山王日枝神社  

山王日枝神社御朱印

山王日枝神社の御朱印は、参拝記念の小札と本のしおりがおまけで付いてきます。

御朱印料500円です。

心と体を浄化してくれる、「日枝の霊水」

日枝の霊水

日枝神社で販売している日枝の霊水です。

これは比叡山を望む滋賀県大津の二千尺の地下から湧き出す、湧き水です。

この霊水は、体の隅々まで浸透して、浄化してくれるそうです。

価格は400円です。

清水には念や気が転写されやすいので、霊水というものが多く作りやすいのかもしれませんね。

ミネラルウォーターと思ったら、高いですよね!!あくまでも霊水です!

福豆

福豆

ちなみに後ろの鬼の面は、ついてきません。

福豆のみは500円、マス付きは1000円にて販売してます。

山王日枝神社公式HP

まとめ

この2つの神社は赤坂・六本木という最先端の街に有っても、十分にパワーを得ることが出来る空間です。

特に赤坂氷川神社は、静かな雰囲気がありここは「東京?」と都会にいることを忘れさせてくれるところです。

東京十社巡りの最初の一歩として皆さんも行ってみてください。

十社巡り専用御朱印帳

十社巡り専用御朱印帳

御朱印帳1200円+御朱印料

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング

励みになりますポチッと↓↓↓


ほのぼの日記ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません