年賀状を投函期間に珍しく出しました。さらに発見年賀状は52円で出せる!!

年賀状を投函期間に珍しく出しました。さらに発見年賀状は52円で出せる!!

年賀状も何となく毎年惰性で、出していました。

でも年を取り、古くからの人との繋がりを細くても残していたほうが良いなと思い始め、今回は年賀状を年内に出しました。

例年は頂いた方にのみ出していたので、年々来る年賀状の数が減っています。

管理が悪いもので、ここ数年頂いてない知人に年賀状を出そうと思ったのですが、もう住所がわかりません。

パソコンを変えた時か、年賀状ソフトを変えた時か最早分からないのですが、古い住所リストが消えていました。

これで、古い知人たちとの縁も切れてしまいましたね!!

スポンサーリンク

年賀状は料金据え置き

年賀状を買いに行って発見しました。

今年の6月1日に、郵便料金が値上げになっていたのですね!

私自体はがきを出すことがないので、すっかり忘れていました。

はがきは、6月1日より一枚62円となっています。詳しくは

知らない人多くいるんじゃないでしょうかね?!

ところが年賀状に関しては、52円に据え置きという措置が取られています。(詳しくは)

期間は、2017年12月15日(金)から2018年1月7日(日)で、この期間に投函すればなんと52円で済むのです。

1月8日以降出すと、10円切手を貼らないとダメになってしまいます。

日本郵便も、年賀状離れを食い止めるために必死ですよね!!!

真剣に生きているか心配

話を私のことに戻しますが、私は来年還暦です。

この年になると、同年代の人が少しずつ亡くなってきます。

数年前ですが、前勤めていた会社の上司の奥さんから喪中はがきが届きビックリしてしまいました。

元上司は、単身赴任中一人暮らしのマンションで亡くなっていたそうです。

まさに、過労死です。

今年心配しているのが、高校の時の同級生です。

まめな男で、私が年賀状出さなくても必ず凝った年賀状をくれるやつでした。

それが今年の正月年賀状が届きませんでした。

病気?死んだ?もちろん分かりません。

それで今年は、早々と(私としてはですが)年賀状を出してみました。

彼から年賀状が届けば、一安心です。

数年前離婚したと書いて有りましたし、その時住所も変わっていました。

一人暮らしなのか?身寄りがなければ、返信もないかもしれませんね?

変わらない物はありませんが、こういうものはさみしい事ですよね!!!

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング

励みになりますポチッと↓↓↓


ほのぼの日記ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません