日本の食パンに驚き、食品廃棄にも驚く

このブログを書いているのは、11月4日です。

今日10月12日で賞味期限が、切れている食パンを頂きました。

 
「賞味期限が切れているけど、未開封だから大丈夫ですよ」と言われてしまい、取り敢えず頂きました。
 
以前にも書きましたが、不用品を我が整体院にいつも持って来てくれるお客様よりです。(以前の記事)
 
も〜慣れたので、怒ったり呆れたりせず、素直に受け取り大事に供養しています。
 
ただ驚いたのは、半月以上賞味期限が過ぎていてもカビも生えず、しかもモチモチ状態です。
 
触った感じ柔らかくって、とても美味しそうです。
 
日本の食品メーカーの食品保存技術って凄いですね!
 
工場内には、カビの胞子が全く無いのでしょうね。
 
パンを持って来てくれたお客様の自宅は、相当カビが生息しているようですから凄いことです。
 
チョット美味しいか試食して見たいなと思うのですが、そんな冒険してもメリットが無いのでやめときます。


 
 話は少し変わりますが、日本は食物廃棄の量は、年間1900万トンに上ると言われ、7000万人の人を一年間食べさせていける量です。
 
 驚くべき量ですよね!!
 
日本は多くの食品を輸入してますが、その半分の量を捨てているわけです。
 
コンビニやスーパーで廃棄される食品の量は、相当の量になると聞きます。
 
多少の食べ残しは仕方ないかもしれませんが、全く手をつけていない物が捨てられていくのは悲しいことです。
 
コンビニやスーパーそして家庭で廃棄される食料品、減らしたいですよね!!

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング

励みになりますポチッと↓↓↓


ほのぼの日記ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません