ついドリンク剤に頼ってしまいますが!!イミダペプチドで本当の疲労回復を

ついドリンク剤に頼ってしまいますが!!イミダペプチドで本当の疲労回復を

整体師をやっていますと、どうしても連続して施術をしなければならないときがあります。

還暦まじかの体には以前ほどの持久力がありませ、そこで最後の一人の前に栄養ドリンクやアミノ酸チャージなどについたよってしまいます。

これらのものは、カフェイン系のものや糖類が多いため、速攻で効いてくれます。

でも後からが大変です、私は痩せているせいかもしれませんが、無理にパワーを出し切ると手が震えるなどの軽い低血糖症状が出ます。

特に、エナジードリンクが一番やばいような気がします。

残っていた体力を、無理やり使い切らすような感じで、切れた後はぐったりしてしまいます。

疲れた整体師ではいけないと思い今回は、抗疲労物質のイミダペプチドを調べてみました。

スポンサーリンク

イミダペプチドとは

疲れを感じなくさせ、糖類で無理やり即効性の高いエネルギーを補給するのではなく、疲れにくくそして回復力を高めるものがないかと思ってしまいますよね。

そんな希望に沿う物質が都合よくありますよと、ネットの彼方から聞こえてきそうな物質が、イミダペプチドです。

もう数年前くらいからテレビでも取り上げられるようになったイミダペプチドですが、良く取り上げられるのが何万キロも飛び続ける渡り鳥の胸肉に多く含まれていることで有名ですよね!

渡り鳥の「キョクアジサシ」という鳥は、なんと北極圏から南極圏まで、延々と飛び続けることが出来、1年間にでなんと3万キロ以上(地球1周は約4万キロ)を飛ぶというから驚きです。

その渡り鳥の羽の付け根あたりには、イミダペプチドが豊富に含まれているそうです。

このイミダペプチドは、人間などの哺乳類やマグロなどの魚類など動物全体の、良く動かす部分の筋肉中には多く含まれている成分なのです。

また筋肉だけではなく、脳にも多く含まれています

イミダペプチドは、カルノシンとアンセリンと言うアミノ酸が結合してできている分子量の小さな物質です。

体内で再合成

タンパク質などのアミノ酸から出来ているものは、体内で一度アミノ酸にまで分解されます。

イミダペプチドも、もちろんカルノシンとアンセリンに分解されてしまいます。

この二つの物質は、へとへとに疲れた部位に行くと合成酵素の働きによりイミダペプチドに素早く変身し疲れを回復させてくれます。

イミダペプチドの1日の推奨量は200~400㎎と言われています。

食材別の含有量

肉や魚に多く含まれていますので、摂取するのは比較的簡単なものです。

鶏むね肉  :1223mg
豚もも肉  :833mg
カツオ   :811mg
マグロ   :767mg
牛もも肉  :265mg
※100gあたりのイミダペプチド含有量

鶏の胸肉は、豚のもも肉の1.5倍近く含まれている事が分かりますよね。

イミダペプチドの作用

人間は活動をすればするほど、多くの酸素を必要としますよね。

この大量に摂取した酸素は人間に絶対に必要な物ですが、活性酸素をも作り出してしまいます。

この活性酸素は抗酸化物質の働きにより体内で速やかに処理されますが、あまりに大量に作られ過ぎると体内で悪さをし始めます。

活性酸素は、体内の細胞にダメージを与え、そのダメージが脳に伝わると疲労という情報と処理され我々は疲れたと感じるわけです。

イミダペプチドは強い抗酸化作用を持ち、体内で活性酸素の産生を予防し、修復までしてくれるという優れものなのです。

イミダペプチドは、体のよく使われる部位に多くありますから他の抗酸化物質より披露によく効くわけです。

年齢とともに減少

年を取るとともには疲れやすくなり、回復も遅くなりますよね!!

これは加齢による、イミダペプチドの体内での濃度の変化によるものです。

30代の人に比べ70代の人のイミダペプチドの濃度は、三分の一に減少すると言われています。

年齢とともにイミダペプチドが減少するのに、人間は年とともに肉類の摂取が減ってしまうという矛盾がありますよね。

ですから高齢者ほど、肉類の摂取が重要になってくるのです。

そしてイミダペプチドは、1日200mg、2週間以上摂取しないと効果が表れないとも言われています。

鶏の胸肉レシピ

私は整体師で、料理の専門家ではないので、有名サイトのこれはと思うレシピを紹介します。

私個人的には、「鶏むね肉のキムチはさみ」がお勧めです。キムチで乳酸菌もとれ、消化吸収も良くなりますよ!!

サプリで摂取

毎日鶏の胸肉ばかり食べれないよという方には、サプリメントでの摂取というのも方法です。

肉類・魚などを取りながら、サブ的なものとして2週間続けるのも良いかもしれません。

鶏胸肉から高濃度抽出したイミダゾールジペプチド!
渡り鳥の持久力に注目した新ドリンク。貴方の元気をサポートします!
抗疲労プロジェクトから堂々誕生!<イミダペプチド>980円

まとめ

疲労回復の最重要なことは、やはり良質な睡眠です。

栄養素は睡眠があってうまく作用するものです。ここ一番一瞬だけならドリンク剤に頼りますが、本当の疲労回復は、一に睡眠、二に良質な食事(イミダペプチドの多い食事)です。

●LPS リポポリサッカライド―免疫ビタミンと言われ生物が生きていくのに必要な成分です。
  免疫活性サプリメント

●腸内の乳酸菌を育むには、良質なオリゴ糖が必要です。
  カイテキオリゴ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません