健康のため太ろうと思う

健康のため太ろうと思う

世の中痩せるための情報は、あふれています。

でも太ろうという情報は、とても少ないの状況です。

もちろんネット社会、検索すれば情報は多少出てきます。

スポンサーリンク

私の現在の体重

太っている人からは、羨ましがられますが痩せすぎは太り過ぎより健康上よくありません。

まず痩せていると、体力がありませんし見た目も良くありません

私の現在の体重は、52.6kgです。ちなみに身長は167センチ、BMI18.86というのが状況です。

BMI18.5未満が低体重という基準ですから、あと0.37値が減ると低体重の仲間入りという危険水域ギリギリのところにいます。

適正体重は61.36kgで、-8.76kg足りない計算ですね。

BMI(ボディー・マス・インデックス)は、体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数です。
[歴史]
1835年にベルギーのアドルフ・ケトレーは、統計手法を導入して、人の身長に対して適正体重と実際体重を比較するボディマス指数(BMI)を提案しました。
[指標の意義]
肥満の正確な測定が困難であるため、簡便的にBMIがよく使用されます。またBMIと体脂肪率の間には、たいていの場合、相関が認められます。
[判定基準]
計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なります。
日本肥満学会では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI指数22を標準体重として、25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重としています。日本肥満学会の判定基準(成人)
指標 判定
18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5~25未満  普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)※「keisan 生活や実務に役立つ計算サイト」さんより引用

BMIの計算は、「keisan 生活や実務に役立つ計算サイト」で簡単に調べられます。

その人個々の適正体重

BMIは一つの指標になりますが、絶対ではありません。

20歳の時の体重が、その人の適正体重だと言う研究者もいます。

私は、おそらく55kgくらいだったと思います。

私がもし、適正体重の61.36kgまで体重を持っていったとしますと、20歳の時の体重より約6kgオーバーということになります。

最近の研究では、20歳の時から10kg以上体重が増えたひとは、糖尿病や心筋梗塞など虚血性心疾患の発症リスクが増大するということが発表されています。

現状いきなり61kgまで体重を増やすのはリスクがあるかもしれません、55kgを最初の目標とし57kgを到達点とするのが健康的な目標値と言えるかもしれません。

体脂肪率は現状維持で

正確な体脂肪率は家庭では測れませんが、目安として体重計についている体脂肪率は参考になります。

我が家の体脂肪計は、もう17年くらい前に購入した、タニタのものですが同じもので測定していくと変化は確認できます。

現状朝測ると15%、寝る前測ると13%くらいが私の体脂肪率です。

体脂肪率は、男性で10~19%、女性では20~29%くらいが目安となります。

ただ体脂肪率は、計測する機器や場所によりバラツキがありますので、参考程度といえます。

体重を増やしても、体脂肪は増やさないのが絶対の目標です。

かろやかにまとめ

体重を増やすには、筋肉をつけることが第一と考えています。

そのためにまずやることは、筋トレとプロテインを飲むことから始めることですよね!!

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません