ココナッツオイルの力で美肌を!!=PR=

ココナツオイルって一時期流行りましたよね!!

食べても、肌につけても良しという万能タイプのオイルです。

ココナツオイルとそのオイルを使った化粧品を紹介します。

スポンサーリンク

ココヤシの果実ココナッツ

ヤシの実がココナッツと思っている人が多いと思いますが、じつはココヤシという木になっているのがココナッツです。

なかなか知りませんよね!!南の島々で、ココナッツの取れる地域では、食用として用いられています。

ココナッツの約80%は水分でできています。

そして、ビタミンが豊富なところが特徴で、ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸などがふくまれ、またミネラル分も豊富です。

中鎖脂肪酸とは

脂肪酸は、炭素が鎖状に繋がった構造になっていてその長さから、中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸などと分類されます。

中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸の半分の炭素原子のつながりでできています。

ココナッツや母乳などに含まれる脂肪酸が、中鎖脂肪酸です。ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が約60%含まれています。

中鎖脂肪酸は炭素の鎖が短いという特徴から、水に馴染みやすく糖などと一緒で小腸から直接肝臓に届きエネルギーに変換されます。

それに対し長鎖脂肪酸は、小腸から消化・吸収されたあと、体内を巡って脂肪組織や筋肉、肝臓に運ばれます。

貯蓄された脂肪は、必要に応じて分解されエネルギーとなります。

脂肪酸の方が、糖よりエネルギー量が大きいのですが、エネルギー効率は落ちます。

ところがこの中鎖脂肪酸は、エネルギー効率が良く長鎖脂肪酸の4倍の吸収力でエネルギーとなります。

ココナツオイルの力



ココナッツオイルは万能美容オイル



ココナツオイルの効用は、保湿性・肌荒れ・ニキビ対策・エイジングケア・紫外線から肌をガード・アトピーに効果的などの効果が期待されます。
くわしくは>>>>

コラム=PR=




ココナッツオイルって「食用」の方が良いんじゃないの?




ココナッツオイルって「食用」の方が良いんじゃないの?

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません