睡眠の重要性知ってます?睡眠中のホルモン

睡眠の重要性知ってます?睡眠中のホルモン

健康を維持するために、睡眠は最も必要なものです。

でも仕事のためや勉強のために、睡眠時間はつい削られてしまいます。

私が若い時『四当五落』なんて言葉がありました。

受験勉強中は、4時間睡眠で頑張れば合格し、5時間寝ると落第するというような意味です。

でも今の研究では、4時間睡眠が4~5日続くと徹夜したのと同じくらいの脳の疲労となり、認知能力も低下します。

スポンサーリンク

睡眠に関連するホルモン

そんな重要な睡眠ですが、睡眠中人の体は何をしているのでしょうか?

答えは簡単ですよね、疲労を取り体を修復しているわけですよね!!

ではこの作業を受け持っている重要のものが、ホルモンです。

睡眠中に分泌され最も重要なホルモンが、メラトニンと成長ホルモンです。

聞いたことのある有名なホルモンですよね!!

メラトニン

メラトニンは外が暗くなったことを目が感じ取ることにより、脳がメラトニンを分泌しはじめます。

逆に明るくなると分泌は急激に止まり、覚醒し目覚めてくるわけです。

動物はもちろん人間も含みますが、夕日のオレンジ色の光を浴びると、メラトニンの分泌が促進され、眠たくなっていくわけです。

逆にパソコンや、スマホの画面から出ているブルーライトは、昼の光ですから睡眠を阻害してしまいます。

メラトニンのもう一つの重要な働きが、抗酸化作用にあります。

人間の体は耐えず、活性酸素を作り出しています。この活性酸素は、身体に必要なものですが、多すぎると体をサビつかせてしまいます。

このサビから体を守ってくれるのが抗酸化物質です。

メラトニンは、とても強い抗酸化作用を持っており、脳だけでなく身体全体に行き渡りますので、睡眠はとても大事なサビ落としになるわけです。

体のサビは、お肌に端的に出ますよね、睡眠不足がお肌に悪いわけ解りましたよね!!

成長ホルモン

寝る子は育つというように、睡眠後30分くらいから大量に分泌され、3時間くらい続くとされています。

成長ホルモンは、発育を促進し、若さを保ち、記憶力を向上させます。

さらに脂肪を燃焼してくれるのが、成長ホルモンです。

良い睡眠が成長ホルモンの分泌を高めてくれます、成長ホルモンは脂肪の燃焼とお肌の修復作用があります。

睡眠大事ですよね!!

穏やかな夜へ。ハギシラン
歯ぎしりは、安眠の妨げです。朝起きて顎が痛い疲れていると言う方は、歯ぎしりをしているかもしれません。歯ぎしりのためのサプリ登場!!
アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません