姿勢維持に必要な筋肉〜大腿四頭筋〜

前回は腸腰筋を取り上げましたが、今回お話しする大腿四頭筋は腸腰筋とともに股関節を曲げる時に使う筋肉です。

大腿四頭筋は、太ももの前側の筋肉で、男性の太もも前面で3つに割れている筋肉のことです。

この大腿四頭筋は、股関節の曲げることと、膝の関節が曲がった状態から伸ばす作用をします。

歩く時とても重要な役割を、担っています。

この筋肉が縮まった状態だとどうなるの?

この筋肉が縮んだ状態だと、腰骨(腰椎)が大きく前側に曲がってしまいます。これは、腰椎の過前弯という状態です。

腰椎に合わせて胸椎は、過後弯いわゆる猫背状態となります。

そして、首は前に突き出た状態になります。

怒肩になる人もいます。

こうなってくると身体は、首から背中にかけて凝りや張りが出てきます。

この大腿四頭筋の外側の部分を外側広筋と言います。

特にこの筋肉に張りが強く出ます。

この筋肉の張りは、姿勢の乱れだけでなく膝の痛みの原因となります。

いわゆるO脚は、この筋肉が原因の一部です。

腰痛の時も、この外側広筋が痛んだり張ったりします。

私も疲れ腰が重くなると,外側広筋が痛みます。幸いにしてまだ膝に痛みは、出ていません。

大腿前面のストレッチやマッサージにより、この部分は比較的簡単に改善されます。

ぜひ頑張ってください。

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません