良い姿勢のメリットは?!

良い姿勢のメリット

我々整体師は、「姿勢が悪いですね良い姿勢に治しましょうね!」とよく言ってしまいます。

でも良い姿勢のメリットて、具体的に解りませんよね!!

なんとなく体の調子が悪い時、姿勢が悪いのが原因と漠然と思ってしまいますよね。

今回は、具体的に良い姿勢のメリットを、まとめてみました。

スポンサーリンク

目次

良い姿勢だと若々しく見える

姿勢という字を見ればわかりますが、「姿」に「勢い(いきおい)」と書きますよね!!

良い姿勢とは勢いがあるということです、悪い姿勢はしょぼくれているように見えます。

試しに、良い姿勢で笑ってみてください。大きい声で笑えますよね。

今度は、背中を丸めた状態で大きく笑ってみてください。出来ませんよね、できて苦笑いくらいですかね。

明るく生き生きと見えるのは、胸を張っている時だけです。

逆に落ち込みそうな時でも、胸を張れば気分も変わってきますし、背中を丸めていると喜びも半減してしまいます。

姿勢と心の有り様は、密接にリンクしてきます。

呼吸が深くなる。

これも先ほどの実験と同じですが、深呼吸をしてみてください。自然と胸を張った姿勢をとってますよね!

今度は、背中を丸めた状態で深呼吸してみてください。

できましたか?もしできたと感じる人がいたら、普段から猫背で本当の意味での深呼吸ができてない恐れがあります。

呼吸は、横隔膜の動きと肋間筋が肋骨を上下に動かすことにより酸素が入ってきます。決して肺が、吸い込んでいるわけではありません。

筋肉活動が、呼吸の元になっているわけです。

もちろん生きていくのに最低限の呼吸は悪い姿勢でも入っていきますが、細胞に必要な酸素を送り込むために人の体は心拍数を上げたり、血圧を上げて対応しようとします。

血圧の高いみなさん、もしかすると姿勢が悪いせいで血圧が上がっているのかもしれませんよ。もちろんこれは、極端な話ですが。

骨格・筋肉への負担が減り疲れにくくなる。

良いし姿勢とは、ここで簡単に考えて背骨が伸びている状態と思ってください。

ここでまた実験ですが、まず背筋を伸ばした状態で、首を後ろにそらしてください。

今度は背中を丸めた状態で、首を後ろにそらしてみてください。

どうですか、天井の見える位置が違うでしょ!!

首の可動性が違ってきます。

猫背の状態だと、首は前に突き出され背骨の後ろ側の筋肉は常に頭をひっぱた状態になります。

良い姿勢だと、背骨に頭が乗った状態になりますから、筋肉の疲労はほとんどなくなります。

神経の疎通がよくなる。

背骨に沿っている大きな神経のたば(脊髄)が、通っています。そして、背骨と背骨の間の隙間から神経が、各臓器・筋肉へ向かって伸びていきます。

背骨が伸びた良い姿勢の状態では、神経の流れはスムースですが、悪い姿勢が続くと流れは悪くなってしまいます。

悪い姿勢は、神経の疎通だけでなく血液・リンパの流れも悪くします。

これで、良い姿勢が大事だとわかっていただけましたよね!!

今回の記事は、碓田拓磨氏の著書を参考に書かせていただきました。


ボディケア ブログランキングへ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません