整体が有効な頭痛の種類は?頭痛を考える

整体が有効な頭痛の種類は?頭痛を考える

先日ニュース番組で取り上げられていましたが、頭痛薬の種類が増え、より強い成分が配合されたものが続々発売されているようです。

頭痛がすると思考能力が落ち、表情も暗くなりますよね!!

スポンサーリンク

頭痛薬に頼りすぎは?

当整体院のお客様でちょっと信じられないことを言っていた方がいました。

アパレル関係にお勤めの女性の方ですが、頭痛がすると薬をすぐ服用するのが義務になっているとのことです、不快な顔をお客様に見せないための処置のようです。

頭痛の症状も診断せずやたらに市販の薬を飲むことは、症状を悪化させることにもなりかねません、仕事といえそれ良いのと疑問に思ってしまいます。

しつこい頭痛は必ず専門医への受診をお勧めします。

ただ頭痛によっては、整体でも対応できるものもあります。

どんなタイプの頭痛が、整体が有効かを解説していきます。

1.頭痛の種類

  • 一次性頭痛=特に明確な病気などの原因がないのに起こる頭痛。いわゆる頭痛持ちというタイプ
  • 二次性頭痛=病気が原因の頭痛。原因の病気の治療が優先されます。

 

2.一次性頭痛の種類

一次性頭痛がいわゆる頭痛で、首・肩・頭部などの筋肉の緊張で起こるものや、頭部の血管の拡張によって起こる物がこの頭痛です。

  • 緊張型頭痛=頭・頸部の筋肉の緊張により起こる頭痛。特徴は、頭を締め付けられたような頭痛です。
  • 片頭痛(偏頭痛)=頭の中の血管が、何らかの原因により炎症し、拡張を起こした状態。特徴は脈を打つような頭痛です。
  • 緊張型頭痛・片頭痛混合タイプ=一番厄介なタイプで、緊張型頭痛と片頭痛の両方を頻繁に起こすタイプの頭痛です。
  • 群発性頭痛=発症自体は少ないですが、男性の発症が多いタイプの頭痛です。原因はわからない部分が多いのですが、目の後ろを通っている内頸動脈が拡張し炎症が起き発症していると考えられています。

 

3.整体が有効な頭痛

片頭痛群発性の頭痛が起きている最中は、整体やマッサージは向いていません

緊張性の頭痛は、筋肉の緊張により起こる頭痛です。このタイプの頭痛は、整体・マッサージにより症状の改善が期待できます。

片頭痛や群発性の方は、普段の予防的な意味合いでは整体・マッサージを受けるのはまったく問題はありません。

4.緊張性頭痛のメカニズム(整体が有効な頭痛)

長時間のパソコンワークやストレスにより、交感神経の過緊張状態が続き、血管が収縮状態になります。

血管が収縮状態になると、酸素や栄養素の供給が減り老廃物の搬出効率が悪くなります

血流不足という状態ですね!!

血流不足は、筋肉の緊張をさらに増大させます。

老廃物の中には、乳酸ピルビン酸という物質があります。この物質が神経を刺激して、痛みを発生させます。

精神的ストレスの場合は、筋肉の緊張がなくても血管が収縮していますので同様に頭痛が発生します。

そして、神経の緊張が続くと、痛みをコントロールする機能がうまく働かなくなり慢性頭痛へとなってしまいます。

整体などの手技療法は、筋肉の緊張をほぐすのは言うまでもありませんが、体へのタッチングは精神的な疲れを癒す効果があります。

またツボへの刺激は、神経への刺激になり緊張をほぐす効果もあります。

※長期の頭痛は、頭痛外来などの専門医への受診を強くお勧めします。

 頭痛専門医一覧≫≫≫

こころかろやかにまとめ

筋肉の緊張から起きる緊張性頭痛は整体治療がジャストフィットです。

緊張性頭痛を放置すると慢性頭痛になりますから適切な治療を!!

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません