乳酸菌と免疫力の関係〜菌活のすすめ

乳酸菌と免疫力の関係〜菌活のすすめ

毎日何となく、ヨーグルトを食べたり漬物を食べて乳酸菌を、体内に取り入れていますよね。

乳酸菌と言えば整腸作用が思い浮かびますが、ほかにもいろいろなことを体にしてくれます。

今回は、免疫力を高めてくれるというお話です。

数年前、あるメーカーの飲むヨーグルトがインフルエンザ予防に効果的という話が出て、売り切れが続出したことを覚えている方も多いでしょうね。

インフルエンザの予防に役立つということは、免疫力を上げてくれるということです。

スポンサーリンク

免疫力とは??

  • 外敵から体を守る働き=感染防止
  • 外敵を記憶して再度同じ感染を防ぐ働き=感染予防
  • 体内の異物や老廃物を除去する働き=新陳代謝促進作用

外部からものを摂取し体に吸収する組織、それが消化管ですよね。
外部から大量のものが入るということは、異物も入るということです。
体はこの異物を除去するために免疫細胞の60~70%を、腸内に配備しています。
小腸にはパイエル板という異物探知器官があり、異物の侵入を常に見張っています。
パイエル板は、異物をキャッチすると免疫細胞の一つであるリンパ球を分泌し異物を撃退します。
乳酸菌などの善玉菌は、このパイエル板に働きかけ活性化してくれます。
ということは、腸内バランスが乱れることは免疫活動が弱まるということになります。

腸内環境を整えることは、免疫力アップにつながるという事解ってもらいましたか?

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません