満員電車は、ストレスの元=ストレス回避、5つの方法=

満員電車は、ストレスの元=ストレス回避、5つの方法=

東京の通勤電車は、ピークタイムは超満員ですよね!!

しかも冬は、着膨れラッシュと言われるほど混雑は増します。

それに追い打ちをかけるのが、ダイヤの乱れです。

天気の悪い日は、特に乱れます。

本当に満員電車、これはストレスですね!!!

私の所属している整体院は、10時開店ですからラッシュのピークタイムより少し遅い時間に通勤してますし、途中で乗り換えて逆方向になるので座っていけます。

ピークタイムのラッシュは、今日の私が乗った列車よりさらに混んでいますから、乗客のストレスは計り知れませんよね!!

やはり体験しないと分からないのが、都心のラッシュの凄さです。

これを毎日経験してる方々の、蓄積したストレス。

なれたという人もいるかもしれませんが、ストレスの症状は間接的に出ますからストレスの元と症状がリンクしているように見えませんから厄介です。

スポンサーリンク

通勤ストレスを回避する方法

1.時差通勤をする

これは多くの人がやっている手ですよね!

うちのお客様で大手電機メーカーの役員の方は、就業の二時間前にはオフィスに入っているそうです。

フレックスタイムが導入されている会社に勤めている方は、可能ですよね。

2.乗る電車を変える。

私の自宅から駅までは、歩いて10分くらいの私鉄の駅と25分ほどかかるJRの駅とがあります。

JRは複々線で、列車の本数が多いため私鉄に比べればすいています。

それと、朝ウォーキングがてらと25分せっせと歩いています。

おかげで、血液検査の数値は良好です。

3.乗る車両を変える。

階段の近くは、絶対に混みます。同じ列車でも混み具合は、車両により大幅に違います。

駆け込み乗車などしたときは、悲惨ですよね。

乗る目的の電車には、余裕をもって乗り込みたいものです。

特にターミナル駅の階段・出口はチェックし、乗る車両を決めるのがベストです。

4.列車内を自分の時間にする。

比較的すいている車両を選べるようになったら、車内を自分のスペースとして活用しましょう。

本を読む、スマフォを使う、など様々のことが出来るはずです。

特に朝は、メールチェックとその日のスケジュール管理に使いたいものです。

スマフォでゲームという人もいるでしょうが、朝はその日の自分のすべきことをチェックして仕事や学習につきたいものですよね!

5.通勤電車に乗らないで済む立場にする。

職・住を接近させる、在宅ワークにする、独立する、など現状を大幅に変更を考えるのも方法です。

日本人は現状を、固定的に考える傾向にあります。

通勤電車の混雑は、個人の力では、変えられません。

社会のことは小池知事の手腕に期待するしかありませんが、自分の現状は努力とアイデアで変えることが可能です。

ストレスを我慢するより、自分を変えるそんな考え方もあってよいと思います。

かろやかにまとめ

通勤中ストレスを減らす方法を考えることで、ストレス解消になります。

いろいろ試して人生楽しみましょうね!!

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません