湿度が高いと寝れませんね!!快眠の温度と湿度は??

今私の部屋は、29.3度,湿度74%という状態です。

これが、湿度60%前後なら我慢できるのでしょうが、70%代は許容範囲を超えていますよね!!

でも、このブログを書いている最中は、扇風機だけでこらえています。

ただそのうち、Macがとても熱くなって危険な状態になってきますので、そうしたらエアコンの出動です。

どちらにしても寝る前には、つけますけどね!!

スポンサーリンク

睡眠に適した環境は?

快眠に適した湿度は、夏で26度以下。ちなみに冬は、16〜19度と言われています。

湿度は、シーズン通して50%前後が適しています。

さらに言うと、布団の中の温度は32~34度で、体温より少し低めが理想です。

布団は保温性がありますから、体温並みに上がってしまいます。

これでは寝れません。

室温が27度以上だと、体の熱が放出されなくなり体温が下がりにくくなり熟睡できなくなります。

悩ましいところが、エアコンをどうするかです。

1〜2時間くらいできるのが理想なのかもしれませんが、エアコンが切れて1時間もすると室温が上がり、寝て入られません。

エアコンが切れたら、自動的に窓が開くシステムでもあればと思いますが、防犯上を考えてもありえませんよね!!

レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠サイクルを3回分は寝ようと思っていますのでタイマーは、4時間にセットしています。

睡眠サイクルは、平均90分と言われています、個人差が大きいので一概なことは言えないようですが、4時間半寝れれば、ある程度の疲れは取れます。

あとは目が覚めても扇風機をつけたりして、何とか3時間は寝ています。

これで毎年何とか生き延びられています。

穏やかな夜へ。ハギシラン
歯ぎしりは、安眠の妨げです。朝起きて顎が痛い疲れていると言う方は、歯ぎしりをしているかもしれません。歯ぎしりのためのサプリ登場!!


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません