アロマの香りが睡眠を運んでくれます。

アロマオイル

「アロマこんなもの効くの!?」とそんな気持ちで試してみました。

ところが、夜一回も目が覚めず、朝は気持ちよく目覚めました。

アロマセラピーの効果には、驚きでしたね。

この時は、イランイランに柑橘系を、ブレンドしました。

スポンサーリンク

アロマとは?

アロマセラピーとは、植物から抽出した精油いわゆるエッセンシャルオイルを使って体の持っている治癒力に働きかけてる療法です。

家庭での楽しみ方は、香りを楽しみながらエッセンシャルオイルに含まれる芳香物質を吸い込み、脳の視床下部に刺激が伝わり、身体に好い影響が得られます。

視床下部は生命活動の根幹であり、自律神経の元締めです。この視床下部に働きかけますから、自律神経やホルモンを整える働きが期待されるわけです。

エッセンシャルオイルの種類により、気分を高揚させるものや、逆に心を鎮静化させるものなど多様のオイルがあります。

私は今回、鎮静効果があり緊張をほぐすイランイランを使いましたが、他にも睡眠導入にもってこいのエッセンシャルオイルを紹介します。

マンダリン

柑橘系のオイルです。バレンシアオレンジ風な香りが楽しめます。イライラするようなストレスが多いときにお勧めです。柑橘系の香りが、リフレッシュ感を与えてくれます。

ネロリ

オレンジ・ビターの花から抽出され、甘い花の香りと柑橘系の香りを合わせた独特な香りです。気分が落ち込んでいる時にお勧めです。

イランイラン

マレー語で「花の中の花」 という意味だそうです。ネットで調べると エキゾチック な香りと出ています。緊張を和らげる作用があり、神経の興奮をやわらげてくれます。

ゼラニウム

ローズの中にミントを混ぜたような香りと言われています。気分の落ち込んでいる時に効果があります。

香りや音楽は、副交感神経を優位にしてくれます。(きついにおいや激しい音楽は除きます)

香りで、自律神経の興奮を抑えるのはとても体に優しい方法です。ぜひお試しあれ(^~^)

穏やかな夜へ。ハギシラン
歯ぎしりは、安眠の妨げです。朝起きて顎が痛い疲れていると言う方は、歯ぎしりをしているかもしれません。歯ぎしりのためのサプリ登場!!


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません