筋肉の疲れからくる腰痛〜筋・筋膜性腰痛〜

これまで3つの腰痛を述べてきましたが、この筋・筋膜性腰痛は、他の腰痛と同時に起こっていることがあります。

スポンサーリンク

筋・筋膜性腰痛の特徴と原因

筋・筋膜性腰痛は、一言で言ってしまえば腰回りの筋肉疲労と考えていただければ大きな間違いではありません。

出てくる症状としては、腰あるいは腰から背中にかけての痛みや張り、こり、だるさ、重さなどのに違和感がある状態です。

疲労からくる腰痛と侮って、放置しておくと痛みが増してくることもあり、そこからギックリ腰へとなる場合もあります。

この腰痛の原因は、腰に負担のかかる作業や、長時間座っているなどが考えられます。

筋肉は、同じ姿勢や長時間の筋肉を使うことにより、硬くなり柔軟性がなくなるという特性があります。

筋肉が硬くなると血液の循環が悪くなり、炎症や疲労物質が発生しやすくなります。

また硬い筋肉の状態は、筋肉の損傷も起こりやすく腰痛の原因となります。

この筋・筋膜性腰痛は、X線などの画像診断では症状を特定できない腰痛です。

病院に行っても痛み止めを処方されるだけの状態でしたら、この筋・筋膜性腰痛と考えてほぼ大きな間違いはないと思って下さい。

腰痛の原因となる筋肉は?

筋肉が原因の腰痛ですが、原因となる筋肉は主に脊柱起立筋と大腰筋です。

この二つの筋肉に負担がかかり、痛みや機能障害をもたらしています。

1.脊柱起立筋

背骨に沿ってある筋肉で、立っていることを支えている筋肉です。

上の図は背部の筋肉を網羅した図ですが、その中の最長筋・腸肋筋が、脊柱起立筋です。

上の図では出ていませんが、棘筋という筋肉も脊柱起立筋に含まれます。

この筋肉は、背骨に一番近い深層筋で、背骨と背骨をつなげているような筋肉です

この三つの筋肉を合わせて、脊柱起立筋群と言います。

脊柱起立筋は骨盤・腰椎から胸椎・頸椎へ向かう太い筋肉で、体を前に曲げた時に上半身の重みを引っ張り支える作用をする筋肉です。

後ろから、体を引っ張り支える筋肉ですから、姿勢が前かがみ気味になっていると常に働くことになり、疲労が貯まっていきます。

大腰筋

大腰筋

姿勢を維持するのに最も重要な筋肉が、腸腰筋です。

腸腰筋は、股関節を曲げるときに作用します。

この腸腰筋を構成する筋肉の一つに、大腰筋があります。

大腰筋は、背骨の前側から内臓の下を抜け、大腿骨の内側についている筋肉です。

この大腰筋は、筋肉の中で唯一骨盤をまたぐ筋肉です。

他の腰回りの筋肉は、背骨から骨盤か骨盤から足の骨と骨盤を中心に構成されています。

ところが大腰筋だけは、背骨から出て骨盤を通り越して大腿骨についています。

上半身と下半身を結ぶ筋肉で、良い姿勢を維持するのにとても重要な筋肉です。

良い姿勢のヒップラインを作り上げるには、この筋肉が重要となります。

また脊柱起立筋を下支えする役割もあります。

ストレッチ

腸腰筋は、直接マッサージのできない筋肉です。

ですからストレッチが有効になります。

腸腰筋は股関節を曲げる働きがありますので、股関節を伸ばしてあげればよいわけです。

腸腰筋ストレッチ

上記の写真の状態から右足をさらに反らすようにします。

安定しない方は、椅子などをつかみ支えてください。

パートナーズストレッチ腸腰筋

体を捻ることで、脊柱起立筋が伸びます。

写真は、二人で行っていますが、一人で行ってもかまいません。

ストレッチは、15~20秒くらい伸びた状態で保持してください。

整体での施術方法

ここでは、整体での施術方法の一例を紹介します。

筋肉・筋膜が緊張している時、筋肉のある部分を押すと痛みの出る部分があります。

これを、トリガーポイントと言います。

このトリガーポイントを押すと響いいて痛みの出るところがあります、これを関連痛と言います。

我々整体師は、トリガーポイントと関連痛がわかると施術が容易になります。

トリガーポイントを、指で押さえながら関連痛部分を揉みます、これでトリガーポイントの痛みが消えていく場合があります。

この後締め込みとして、ストレッチをすると痛みの改善が期待されます。

関節のズレがあれば、事前に整復しておくと痛みの改善はより良くなり再発しにくい場合もあります。

まとめ

筋・筋膜性腰痛は、筋肉の使い過ぎからくる炎症や、長時間腰に負担をかける姿勢による疲労からくる腰痛をいいます。

ですから、画像診断から判別できない腰痛です。

こうなると、整形外科では対処療法がメインとなり湿布や痛み止めが処方されることが主となります。

筋肉に疲労をためないようにし、固まった筋肉はストレッチなど適切な運動により緩めていくことが必要になってきます。

関連記事

自分で解決可能な腰痛を分類しよう!
椎間板性腰痛
椎間関節性腰痛
仙腸関節性腰痛
筋筋膜性腰痛