坐骨神経痛ドクターショッピングは致し方ないのか?!

坐骨神経痛ドクターショッピングは致し方ないのか?!

以前腰痛でお見えになっていたお客様が、ある時からプッツリ来なくなってしまいました。

実際よくあることなのですが、最後にお見えになった時の数回前から、腰痛が悪化し坐骨神経痛も出てきていたので、気になっていたお客様です。

その方のお母様もたまにお見えになっていたので、針治療に行かれていることは知っていたのですが、詳しい状況まではわかりませんでした。

スポンサーリンク

お客様から聞いた二年間の概要

腰痛が悪化し坐骨神経痛が出てきた。
医師からは、脊柱管狭窄症との診断をもらう。
坐骨神経痛も悪化し、やむなく通勤に車を使うようになった。
針治療を3か月くらい続けたが、効果がなかった。
行きつけの歯医者さんの紹介で、合気道系の経絡治療を始める。(現在進行中)
経絡治療で一時期症状改善する。
仕事の都合で、アシスタントしてた人に辞めてもらった。
自分の仕事量が増え、坐骨神経痛が悪化。
経絡治療家の方が、他の治療と併用しても良いといわれ当店に二年ぶりに来店してくれたようです。この二年間本当に、苦労されているようです。

症状:右臀部から大腿部にかけて痺れあり。伏臥・仰臥時に痺れが出るため、横向きでしか寝れない。

座る・立つ・歩くなどの動作では痛み痺れは出なく、寝ている時のみ痛み痺れがでる。

ここが問題です、寝れないということは体力は消耗し、回復もしません。

この状態だと仕事に支障が出そうなので、ペインクリニックで痛み痺れを取りながら、手技療法と運動療法で改善していくことを提案しました。

施術方法

マッサージベットにうつ伏せに寝ている状態で、痛み痺れが出るということなので、操体法という運動療法の一種で痛み痺れを、動作ごとに取っていきました。

痛みがある程度取れた段階で、私は「締め込み」と呼んでいるのですが、緩んだ筋肉をストレッチで伸ばして、関節の可動性を改善させます。

この方には以前は、筋肉マニュピレーション(マッサージに似た手技療法)を、中心の施術をしていました。

聞くと経絡療法は経絡に沿って施術する手技療法のようなので、私のほうは手技療法をするより運動療法で関節の可動性を高める施術を選択してみました。

結果

寝ている状態で、出ていた痛み痺れは改善したとのことです。

またストレッチが気持ちよく、気分も晴れたようです。
少しでも楽になれば、気が晴れてきて前向きな思考法ができます。

今回の改善は、もちろん一時のことです。何日持つかは、わかりませんが持って二日と読んでます。

二日後にまた来ていただけると、徐々に持つ時間が長くなるのですが、皆さん仕事などの事情がありますし、他の治療や施術を受けていますので無理強いはできません。

最後にこの方には、骨盤を整える体操をご案内して今回の施術を終了しました。
坐骨神経痛は難治です、良いなと思う治療法や施術法は最低3か月くらいは続けてほしいものです。

ただ三か月たっても改善されないときは、違う療法を考えるのも手です。

治療や施術と違い筋トレなどの運動・体操は、長く続けることが必要です。

筋肉バラスが変わるのには、最低三か月は必要ですし、維持するには半年一年が必要となります。

※操体法とは、故橋本敬三博士が考案された日本独自の運動療法です。方法は、痛みが出る悪い側から可動させやすい方へ動かし、症状を改善させます。

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません