夫婦でも会話に気を使います!!破局を避ける4つの行動

夫婦の会話に気を使います!!

結婚して15年以上たちますが、夫婦の会話って難しいなと感じています。

女性の多くは、旦那に不満があると思います。

それに対して男性はあまり家庭のことを、問題あるとは思っていません。

このギャップを埋めるためにも、夫婦の会話力を高めなければと常日頃考えています。

夫婦とはいえ人間関係です、人間関係を良好に保つにはやはり努力が必要です

スポンサーリンク

夫婦関係改善4つのポイント

1.問題点をその都度解決していく

2.休日はなるだけ出かける。

3.感謝の言葉は、お互いにかけあう

4.親しき中にも礼儀あり

1.問題点をその都度解決していく

男性の多くは家にいるときくらい、面倒なことをしたくないと思ってしまいます。

女性は、心配や不満を口に出す傾向にあります。

勿論逆もあるでしょうが、喋りたい女性とのんびりしたい男性の間でギャップが生じてしまいます。

私は無理してでも、妻の話は聞きますし少しでも行動を起こします。

でもなぜ少ししか行動を起こさないのかというと、うちの妻は起きていないことまで心配をしていますので、行動しようがないのも事実です。

私は起こっていないことや可能性に関しては予防はしますが、心配しても仕方がありませんからあまり考えないようにしていますから!!

妻の心配の中で、できる部分は行動します、それも素早くです。

やるならすぐです。それで少しは、安心するようですから。

2.休日はなるだけ出かける。

休日は家のことや自分のことをしたいのですが、なるだけ二人で出かけるようにしています。

家にいるより、歩いている時など会話がはずみますし、新たな共通点が発見できるかもしれません。

3.感謝の言葉は、お互いにかけあう

母親は、子供のために何かと面倒を見ます。それに対し、多くの子供は感謝の言葉を云わないと思います。

まさに親の無償の愛というものです。

でも妻や旦那は、母親や父親ではありません、小さなことでも「ありがとう」の一言を添える習慣は、とても大切です。

でも男性は、気を付けないといけませんが、上から目線の言い方にならないようにしないとね!!

感謝の言葉を言うと、徐々に心から感謝できるようになります。

そうするとお互いの嫌な部分より、良い部分のほうが見えてきます

4.親しき中にも礼儀あり

たまに妻が怒り出すのですが、上から目線で喋っている時です!!

また、相手を否定するような言動もNGです。

「適当に決めといて!!」放り出すような言動もダメです。

職場でやらない言動を、家庭ではしてしまっているかもしれません。

夫婦も他人同士の付き合い方と同じです。

会話が終わってしまう言い方や、終わらす様な言葉は相手を傷つけますし、不信感が増してしまいます。

会話を終わらせたいときは、次いついつこの話をすると約束するのも良いことです。

何時かするよという態度では、だめだということです。

夫婦関係は、面倒くさがっていたら破綻が、いつやってくるかわかりません。

世の中絶対は、ありませんからね!!

こんなに気を使いたくないと思う方もいるかもしれません、でも帰宅して夫婦がギスギスしていたら二人も疲れますが、子供にも大きな影響が出ます。

子供の猜疑心が、強くなるもとです。

人間関係が上手くいっていないと、ストレスもたまりやすくなります。

小さな気遣いと会話力の向上が、夫婦円満への道です。

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません