鶏レバーで、美味しく鉄分を摂取

鶏レバーで、美味しく鉄分を摂取

レバーと言えば、鉄分豊富な食べ物ですよね。

でもレバーは、ちょっとな〜という人も多くいますよね!!

今日(2016/4/10)の産経新聞で、奥薗壽子さんがとても美味しそうな鶏レバーのレシピを掲載してました。

奥薗さんは、私は料理の師匠と思ってレシピをよく参考にさせてもらっています。

でも、レシピ紹介の前に、鉄分に関しておさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

ヘモグロビンの元=鉄=

体内にある鉄の70%が、血液中のヘモグロビンの成分として使われていて、残りの25%は肝臓に貯蔵されています。

ヘモグロビンは、呼吸でとり込んだ酸素と結びつき、酸素を肺から体の各細胞へと運んでくれます。

ですから、鉄の欠乏イコール、ヘモグロビンの欠乏となります。

これを鉄欠乏性貧血と言います。

ヘモグロビンの数が減っていくと、体内に送り込まれる酸素が減っていきます。

酸素不足は、当然体に色々な影響を及ぼします。顕著な兆候としては、頭痛、疲れやすいという症状が出ます。

鶏や豚レバーなどの動物性の鉄分をヘム鉄と言い、野菜・海藻・大豆に含まれる鉄分を非ヘム鉄と言います。

ヘム鉄の方が吸収が圧倒的に良く、動物性の鉄分を摂取する方が効率が良いわけです。

植物性の鉄分は、ビタミンCと動物性タンパク質と同時に摂ることにより吸収が良くなります。

ヘム鉄摂取に最適な奥薗レシピのご紹介です。

鶏レバーの生姜煮

鶏レバー ・・200グラム
生姜・・・・二かけ
調味料
砂糖・・・・大さじ1
ミリン・・・大さじ1
醤油・・・・大さじ2
酒・・・・・大さじ2

⒈下処理

鶏レバーの脂肪を取り除き、一口大にカットし流水で血や塊を洗い流します。

鍋でお湯を沸かし沸騰したところで、レバーを入れます。再び沸騰したところで、火を消し蓋をして5分間おきます。

5分たったらざるに上げ水洗いをします。

鍋に調味料と千切りにした生姜を入れひと煮立ちさせます。煮立った所でレバーを入れ、3〜5分味を絡めたら出来上りです。

長時間煮込まないことで、肉がパサパサにならなく身が締まって美味しく仕上がります。

冷蔵庫で、4・5日は日持ちしますよ。

女性の方や激しいスポーツをやっている方は、試してください。

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません