疲労回復・元気の素〜ビタミンB群〜補酵素

ビタミン特集第2弾は、ビタミンB群です。

ビタミンB群は、8種類のビタミンをさします。他のビタミンと違い、作用が似た者を一つのくくりにしています。個々の作用は、違いますが、補酵素という共通点で、同じくくりにされています。

さて酵素とは、何でしょうか?

人間の身体は糖質・脂質・タンパク質を分解して作り直し、そして、エネルギーに変換していきます。その時、触媒として働くのが、酵素です。

ですから、酵素がないと人間は、エネルギーを産生できなくなり活動が停止してしまいます。

このビタミンB群は、酵素の働きを助ける補酵素なのです。

そして、この補酵素がないと、効率よく酵素は働けないのです。

よく鳥の胸肉が、疲労回復に効果的などと言われますが、これもビタミンB群などに由来します。

ですから、ビタミンB群を効率よくとることが、健康管理や疲労回復にとても有効になります。

さてビタミンB群の特徴を、みていきましょう。

このビタミンは、水溶性という特徴を持っています。

水溶性とは、水に溶けるということです。ビタミンCとBをのぞく他のビタミンは、脂溶性ビタミンで水には溶けません。

ということは、必要以上にビタミンを摂取しても尿として体外に排出されてしまいます。

水溶性ビタミンは、体内の貯蔵できないのです。

メリットとしては、取り過ぎても体外に排出されるので、害はありません。

しかし、過剰量が排出されるため、常に適正量を接種しないといけません。

貯金できないということですね。

次回はビタミンB1を取り上げます。

参考文献:(ビタミン ミネラルの本 ビタミン・ミネラルを多く含む食材もまるわかり! (Tsuchiya H… 吉川敏一著 土屋書店)

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません