悪い姿勢ワーストスリーとは?!

何気ない姿勢は、大概悪い姿勢と言えるでしょうね!!

逆に言えば、人は良い姿勢をしている時間の方が少ないのかもしれません。

背筋が伸び、頭がその背骨に乗っている姿勢というのが、ほぼ良い姿勢と言えます。

軍隊の極端に胸を張りすぎた姿勢は、これも良い姿勢とは言えません。

生活している間ずっと良い姿勢でいることは不可能ですが、良い姿勢と悪い姿勢を繰り返していくことが必要です。

一番悪いのは、悪い姿勢でずっと生活し続けることです。

すると、筋肉・骨格がこの悪い姿勢で固まってしまいます。

慢性の肩こり腰痛などは、この固まってしまった悪い姿勢が原因の場合が多くあります。

その悪い姿勢の中で特にやりがちな三つの姿勢をピックアップしてみました。

悪い姿勢ワーストスリー

  • ワースト1:横座り
  • ワースト2:脚組み
  • ワースト3:高枕

ワースト1:横座り

昔だと「女座り」と言われる座り方です。
横座り女性

体を傾けて座るために、背骨が左右に傾いてしまいます。そうすると、骨盤も歪み、さらにひねりが加わります。

この姿勢で、長時間テレビを見たりしてますと身体全体に歪みが出てしまいます。

この姿勢は、腰痛をもたらしやすい姿勢です。

ワースト2:脚組み

足を組んだ姿勢で、背筋を伸ばしてみてください。まずほとんどの人ができません。
足を組む女性

足を組むイコール最中が丸まるということです。

さらに悪いことに骨盤・背骨が左右非対称の姿勢になってしまいます。

完全に歪んだ状態です。足を組んだ状態は、本人も意識しないほど自然にこのポーズをしています。

これでは、身体は歪んだ状態が自然となってしまいます。習慣化しているということです。

筋肉・骨格がこの姿勢に、適応してしまいます。もちろん良い適応ではありませんよ!!

ワースト3:高枕

枕を高くして長時間テレビを見たり、寝ていませんか。

枕が高いと首が前側に曲がった状態になります。

普段の生活でも、手元を見て下を向いていることが多いのに、寝ている時も首を曲げていたら良いことありませんよね!!

これは完全に首が常に曲がり、猫背状態を作ってしまいます。

以上三つの姿勢が体を歪ます、日常の姿勢ワーストスリーです。

どれもついやっていますよね。

そして習慣化して、止めれませんね。

体を整体していくと止めれるようになります。

皆さん考えてみてくださいね!!


整体 ブログランキングへ

アドセンス
スポンサーリンク
ブログランキング
励みになりますポチッと↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません